年齢とお歳暮

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮は日本の風習として昔から行われてきました。
仕事や日常生活の中でお世話になっている人への感謝の気持ちを伝えるためのものです。
人気商品が定番となっています。
したがって、お歳暮を贈る年齢と言うものが決まっているわけではありません。
一般的には就職をして一人前の社会人になるまではお歳暮とは無縁です。
社会人になっても特別にお世話になった人がいない場合は、お歳暮を考える必要はないでしょう。
会社の上司にお歳暮を贈る習慣はありましたが、最近の傾向としてはそのような虚礼は廃止する会社が増えてきました。
全面禁止にしているところもあります。
また、業者などからのお歳暮の受け取りも禁止となっています。
業者から金品を受け取るとトラブルの元になってしまいます。
公務員の場合であればわいろと認定されてしまうことでしょう。
結婚した時の媒酌人にお歳暮を贈ることは一般的です。
ただ、ある程度の年齢になるとそれも辞退されることが多くなります。
その時は素直に、そこでお歳暮を贈ることを止めればいいのです。
両親へのお歳暮はいつまでも続けた方がいいかもしれません。
元気でいるうちは食べ物などを贈るといいでしょう。
体が弱ってきて、介護が必要になった場合は、お世話をしてくれている長男や長女へのお礼の意味を込めた人気商品でいいのです。
年齢によってお歳暮を贈るかどうかが決まっているわけではありませんから、難しく考えないようにしてください。
独身の時はお歳暮は不要と割り切ってしまいましょう。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。