両親へのお歳暮続きその2

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮に、高級な食べ物を贈ると、お礼がてらに「せっかくだから一緒に食べましょう」と家に招かれることも多く、コミュニケーションを取ることにも繋がります。
年末年始に帰省した際、お歳暮を一緒に食べるというところもあり、奮発して高級な食べ物を贈ったとしても、結局は自分たちもご馳走にあやかれることになりそうですね。
また、ご両親へのお歳暮として、最近では、おせち料理を贈ることも流行っています。
もらって嬉しいお歳暮として、おせち料理もランキングに入ってくるほどの人気ですし、老舗店やデパートのおせち料理は自分でも購入するという方が増えていますからね。
予約をしておいて、年末に届けてもらうというシステムですが、これがけっこう、喜ばれているようで、デパートの年末商戦の人気商品としてもランキングに入っています。
「おせち料理は面倒だからもう作らない」というご家庭も多いですから、贈り物としていただければ嬉しい限りですからね。
それに自分で食材を揃えて作るとけっこうな金額になりますので、おせち料理をお歳暮としてもらえたら、とても助かりますよね。
ということで、ご両親への贈り物としては、食べ物がベストということになりますが、相手のことを考えて送ることを忘れずに。
「歯が悪いので、固くて食べられない」とか「病気なので、ある食べ物は避けている」とか、そうした情報はとても大切です。
相手のことを思いやって、お歳暮を考えることは難しいですが、家族ですから、普段からのコミュニケーションが取れていれば、相手の好みや苦手なものもわかってくるでしょう。
それがわからないようでしたら、「うちはコミュニケーション不足なのかも」と反省してみることも必要なのではないでしょうか。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。