お歳暮の知識

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮の歴史を知っていますか。
ルーツは中国にあると言われています。
もちろん、そこまで古い時代のお歳暮を考える必要はないのですが、いつもお世話になっている人にお礼を言うための物であることを忘れてはいけません。
つまり、お歳暮の価格よりも気持ちが大切なのです。
本来ならお歳暮を自分で持っていき、あいさつをすべきです。
しかし、遠く離れている場合もありますから、現代ではほとんどの人が人気通販サイトのランキングなどの配送業者を利用しているのです。
これが一般的になりましたから、相手に失礼になることではありません。
ただ、若い夫婦なら実家の両親にお歳暮を贈ることが一般的です。
実際には帰省した時に自分で送ったハムを自分で食べることになります。
昔のように形式を重んじる時代ではなくなりましたから、お歳暮の歴史を知っているとしても、現代に適したお歳暮を贈るようにしましょう。
明治になると、会社などの仕事関係で上になる人に対してお歳暮を贈るようになりました。
会社の上司や取引先にたくさんのお歳暮が贈られたのです。
会社でたくさんの取引相手を持っている担当者は、もらうお歳暮も半端ではなかったことでしょう。
ただ、現代においては贈収賄に対するチェックが厳しくなりましたから、儀礼的なお歳暮は人気が亡くなりました。
特に公務員はお歳暮をもらうことはありません。
報道機関などに知られると大きなニュースとなってしまうからです。
数千円のお歳暮で仕事を辞めなければならないようなことがあったら大変だと思うのです。
ランキングを見ると、一般の人が購入できる商品ばかりです。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。