お歳暮のマナー

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮のマナーを知っていますか。
特にいつまでに誰に送るべきかが決まっているわけではありません。
基本的に贈る人の気持ちが大切だからです。
ただ、結婚を機会にお歳暮を贈るようになる人がほとんどです。
媒酌人としてお世話になった人へ贈るのです。
それは会社の上司の場合が多いですから、会社内でお歳暮を贈ることになるのです。
取引先に対してお歳暮を贈ることもあるでしょうが、最近は虚礼廃止の傾向が強くなってきました。
そのためビジネス関係でのお歳暮は減少しているのです。
親戚にお歳暮を贈ることはほとんどありませんが、両家の両親にお歳暮を贈る人が多いようです。
結婚をしてからお世話になるのですから当然かもしれません。
ただ、このお歳暮も家族の考え方によってかなり変わってきます。
若い二人にはお金がありません。
無理してお歳暮のお金を工面することもないと親が遠慮するのです。
お歳暮のマナーとして決められていることはありませんが、インターネットなどで参考的にマナーが掲載されています。
かなり厳密な表現をしている場合もありますが、参考程度と考えておきましょう。
人気商品はどこのサイトにも掲載されています。
インターネットを利用した注文が増加していますから、人気商品が一番確実でしょう。
特別な商品を探す必要はありません。
相手の好みはある程度考慮するとしても、社会通念上で失礼にならない商品ならマナー違反ではありません。
気を付けなければならないのは喪中などの場合でしょう。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。