お歳暮と時代

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮はいつごろから始まった風習なのでしょうか。
歴史的には古代中国から伝えられたと言われています。
季節の変わり目に神に供え物をする風習が日本では日頃のお礼に年末に贈り物をするようになったのです。
お歳暮を贈る相手は嫁の両親や分家から本家へと広がっていきました。
武士の風習が商人にも広がったと言われています。
昔のお歳暮は水引を使っていました。
もちろん、現代においてはあまり儀礼的なことにこだわらない人が増えましたから、のしを付けない場合も少なくありません。
ただ、目上の人に対してはのしを付けた方がいいでしょう。
特に結婚したばかりの二人なら両方の親にお歳暮を贈りましょう。
お歳暮の通販サイトを見るとたくさんの人気商品が並んでいます。
どれを贈るべきか迷ってしまうことでしょう。
人気商品は定番となっているものが多いので、その中から選んでおけば間違いないでしょう。
その家庭には必要ない贈り物でも、誰かの手に渡るはずです。
例えばお酒を飲まない人にビールを贈ることもよくあります。
飲まない人なら、兄弟などにおすそ分けしていることでしょう。
もちろん、お酒が飲めないならスイーツなどを贈る方が喜ばれます。
その点は相手のことを良く調べることが重要です。
一般的なお歳暮は誰もが好きな食べ物ばかりです。
特別珍しいものではなく、贈る方もある程度味が予想できるものがいいのです。
そのような考えに立てば、食べたこともないような逸品は避けた方がいいかもしれません。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。