お歳暮と年代

ベルメゾンネット
Pocket

お歳暮に対する考え方のアンケート調査があります。
この結果から年代とお歳暮に対する考え方が見えてきます。
直感的に考えて、若い世代はお歳暮をやらないけれど、中高年はお歳暮を贈っていると思えるのではないでしょうか。
アンケート結果ではお歳暮を贈る人が4割で、送らない人の方が多くなっています。
また、お歳暮と言う風習に賛成している人は3割です。
つまり、賛成していないけれど仕方なく贈っている人が1割いることになります。
今後も贈るかと言う質問では、30代の贈りたいと思う人が減少しています。
贈る件数については2,3件が最多ですが、50代になると4,5件のお歳暮を贈っています。
贈り先は様々ですが、同じ人気商品を贈っている人が半数以上です。
また、お歳暮のシーズンの間近になってから選んでいる人が大半ですが、女性の50代、60代は1か月以上前から選んでいるようです。
通販サイトなどでは早割の特典が付く業者もありますから、今後の傾向は変わっていくのかもしれません。
30代でお歳暮に対して否定的な考えを持つ人が多いのは結婚をしてからお歳暮を贈る相手ができることによるものでしょう。
20代では未婚のためお歳暮の必要性を感じることがないのです。
ただ、お歳暮を贈らないと相手に対して失礼になると考えるため、仕方なく贈っていると言うのが本音かもしれません。
いずれにしても、これからのお歳暮は考え方が変わってくることでしょう。
通販サイトの人気商品が一般的になりましたから、これまで以上に儀礼的な意味合いが強くなります。

ロフトネットストア

コメントは受け付けていません。