夏はフルーツがおいしい季節です。
そしてお中元の時期でもあります。
フルーツの詰め合わせをお中元にしてはどうでしょうか。
7月頃には国内のいろいろなところに、いろいろな果物があります。
人気が高いのはリンゴのサンフジでしょうか。
または、デコポンもいいですね。
フルーツの詰め合わせは価格的には3千円台です。
リーズナブルな値段と言えるでしょう。
フルーツを贈る時に注意しなければならないのは生ものであることです。
つまり、あまり日持ちがしません。
そのため、不在になることが多いような相手には不向きな品物と考えるべきでしょう。
せっかくもらっても食べることができなければ、意味がないからです。
家族が多く、子どもや孫がいるような人にはフルーツがぴったりかもしれません。
お中元はお世話になった人に贈るのですが、それを食べるのは本人とは限りません。
家族が食べることを考慮したお中元でもいいのです。
子どもの時には家に贈られてきたお中元を開けるのが楽しみでした。
何かおいしいものが入っていると期待していたからです。
ビールだったりするとがっくりきたものです。
現代ではそれほどの執着はないでしょうが、子どもにとっては予想外のプレゼントに見えることでしょう。
それから、日持ちのことを考えるならば、フルーツの缶詰やジュースはどうでしょうか。
保存を心配する必要はありません。
お中元は誰かに喜んでもらうために贈るものです。
そのことを考えながら、品物を選ぶことが大切ですね。