最近のお中元には何を贈っていますか。
会社の上司や親せきでお世話になった人にお中元を贈ることになります。
もらって喜ばれるものを送りたいと思いますよね。
生活の中で必要なものが無難ですね。
会社の上司は男性であっても、お中元は奥様に送るつもりでいればいいと思います。
例えば、調味料とか、缶詰、コーヒーセットなどです。
もちろん、その人の家族構成によって、少しずつ変える必要はあるでしょう。
しかし、食料関係であれば、誰がもらってもありがたいですよね。
特別に高級なものを送る必要はありません。
基本的にはお礼の気持ちが大切だからです。
お中元の歴史は意外と古いです。
中国から伝わったと考えられています。
自分のお父さんやお母さんたちがどのようなお中元をもらっていたのか聞いてみたことはありませんか。
参考になりますよ。
特に結婚したての場合には初めてのお中元を贈ることになります。
二人で考えてみましょう。
最近は、図書券や商品券を贈ることも多いようです。
相手がよく買い物をしている百貨店などがわかっていれば、そこの商品券にすればいいのです。
実質的には現金を送っているのと同じことになります。
相手が好きなものを購入できるのですから、一番喜ばれるかもしれません。
私たちの生活は常に誰かのお世話になって成り立っています。
そのことを忘れないようにしたいものですね。
そして、いつかは自分たちもお中元をもらう立場になるのです。
そのためには部下や親せきの人のお世話をしておきましょう。