ビジネス文書の文例はいろいろなところで目にしますが、お中元の送り状の書き方もあります。
お中元の送り状とは何でしょうか。
お中元の品物だけを贈るのではなく、そこに感謝の気持ちを表す文章を添えることですね。
最近ではお中元の品物は業者から直接相手に贈ることが多くなりました。
そのために送り状を別に郵便で送るのです。
当然ながら、送り状は品物よりも先に届いておかなければなりません。
また、品物と一緒に贈ることも一般的ですね。
現代では会社での無駄な経費を削減する傾向にあり、お中元なども省略するところが少なくありません。
会社の上司などにお中元を贈る人は少なくなっていると言えるでしょう。
しかし、顧客に対しては話は別です。
営業活動の一環と考えられるからです。
日頃からの感謝の気持ちを贈り物として表現するのです。
もらう方としても悪い気持ちはしませんよね。
送り状の書き方はインターネットなどで調べるとすぐにわかります。
特別なことを書く必要はありません。
一般的な言葉でいいのです。
社交辞令と考えましょう。
もちろん、送り状の書き方を知らないからと言って、ビジネスマンとして半人前だと言うことはありません。
誰でもがお中元を贈ったり、送り状を書いたりしているわけではないからです。
仕事柄、必要に迫られてマナーを覚えていくことでもいいのです。
だんだんと一人前になるのですから。
お中元やお歳暮はビジネスをやる上で必要なものと考えられます。
それを通じて、勉強しましょう。